ホームページ
ご紹介
序文
前書き
火盗み者オンライン
関山論談
関連文章
関連写真

 

関連文章

金正日のセーメ新義州特首楊斌の受難記 自伝:私が分かったのみの楊斌

この本は、『フォーブス』中国大金持ちランキング第二番の楊斌に関する伝記であるすべき。その後、楊斌は朝鮮でその特殊な歴史時期に、特殊な身分・機遇を持ち、朝鮮が国門を開ける第一人「新義州特別行政区」長官(特首)となったので、これの本は「新義州特首楊斌」に関する伝記です。
2002年3月6日、初めて楊斌を探訪しており、これから認識できるようになりました。彼は自ら電話をかけ私を彼の伝記作者にさせるように招いたので、幸せに七ヶ月間もずっと彼の傍にいたんで、「新義州特区」基本法の起草・談判の参加を含め、10月4日まで楊が経った一切をほぼ見ました。
但し、歴史は一つ冗談、もう一つ冗談を言ったので、作者に頭がくらくらし眼が眩み、呆気に取るようにさせました。
2002年10月4日夜明方5時10分、楊斌は瀋陽警察に「召喚され」、その後「居住が監視されました」。中国外交部のスポークスマン章啓月は、外国記者よりこの件への質問を答えた時、「楊斌及び彼に属する在中国の企業は、多く法律・規定を違反する問題に係ったので、中国の公安機関は法律に従い楊斌を居住監視をした上、続けて彼を法律に従い検査・処理すると見込んでいます。」
2002年11月27日、新華社の報道により、11月27日、楊斌は「虚偽投資、贈賄、合同詐欺、農用地非法占用等の経済犯罪活動に係った」ので、現地公安機関に正式的に掴まれました。
即ち、瀋陽警察により、楊斌は商業活動を行なう間に、中国の関連法律を犯しました。
2003年6月11日-13日、瀋陽市中級人民裁判所は、この事件を三日間開庭審理しました。筆者は法廷で傍聴を参加し、また、詳しく記録しました。
2003年7月14日、瀋陽市中級人民裁判所は、楊斌及び彼の関連企業が経済犯罪に係ったことについて、第一回審査・判決を:被告者楊斌は、虚偽登録資本金罪、農用地非法占用罪、合同詐欺罪、公司向け贈賄罪、公司贈賄罪、金融受取書偽造罪を犯してしまい、数罪にて共に処罰され十八年懲役に処すると判決を下し、罰金が230万元であることになりました。
楊斌は判決に不満なので、遼寧省高級人民裁判所へ上訴してったい。
2003年9月6日-7日、遼寧省高級人民裁判所は、「楊斌事件」を開庭で二次論証・審査処理しました。7日午後5時、結果を公表しまた:「元の判定の断罪は正しい、当該犯罪の事実、情況また社会向け危害程度に従い、判決は適当で、判事プロセスは合法で、『中華人民共和国刑事訟訴法』第189条第一款の規定により、下記の通り裁定します:上訴を却下し、元の判決を維持します。本裁定は最終審査裁定です。」
筆者は最後までずっと法廷で傍聴を参加していました。
楊斌事件はついに終わりました。
楊斌神話はついに消え失せました。
但し、楊斌神話と楊斌事件は、皆に多すぎて考えさせていきます。
楊斌の「其興也勃、其亡也忽(繁昌も速い、滅亡も速い)」は、色んな因素により形成されました。そのうち、個人、環境、メディア、社会更に制度等等諸因素及び原因・結果との関係を含めます。恐らく「私が分かったのみの楊斌」は、これら原因を探す時、読者へ僅かの手掛かりを与えられます。更に、読者の皆さんはよく考える時、より真実で細かい点を与えられます。
私は思いますが、読者の皆さんは、楊斌の境遇、家庭、創業及びオランダ村築き上げの経歴を関心する以外、更に関心するのは、彼がどのように新義州特別行政区特首になったのか。彼はつまり「新義州特区」基本法及び朝鮮向け談判を指導・参加してしまい、金正日将軍は決策をしてから、神秘的で50年間も封鎖された朝鮮対外大門を開けました!
楊斌は中国で商業活動を進める時に、中国法律を違反する場合、必ず現実に面し、法律はいかなる人に対しても公正で厳しいであると思われています。でも、彼は朝鮮対外開放の大門を開けることを参加してしまい、永遠に朝鮮当代の歴史に載せられ、東北アジア平和・発展の歴史に載せられる見込み。功労と過ち、罪と処罰、これらは違うことです。
朝鮮「新義州特区」の建設に関しては、多い専門家、学者また友達、更に日本の数人の友達は、私と同じように感じた:朝鮮が対外開放の大門を開けるのは良いこと、朝鮮半島の平和・安定、周辺国家の平和・発展、世界の平和・発展に利きます。
朝鮮半島及び東北アジア地区の平和・発展に対し、朝鮮、韓国の以外、日本、ロシア、中国はその中にあり密接に関心しています。中国、ロシアと朝鮮は、伝統的な友誼を有しています。韓国と朝鮮は元々一つ国、一つ民族であり、兄弟であります。韓国指導者金大中及び首相を新たに務められた盧武鉉により、平和的に相談し自分の兄弟を援助することを通じ、朝鮮半島の安全・安定、「平和統一」を達していくつもりす。
米国政府、特にブッシュ政府の対朝政策は、愚かしく失敗的だと思われています。著名な外交思想家ジョージ・ケナンが言った通り、外交分野の中に、米人はいつも間欠的に福音式の理想主義を勃発し、強烈な清教伝統により、彼らの判断方式は常に非ではない場合是であり、彼らは自分の観念で外部世界を造るように渇望し、一切の対立者は敵にされます。
『アジアンタイム』は、10月25日、『米朝核の物語:空論ばかり』という文章に、米国の朝鮮政策へ批判して、「米国が信用を失くす明細を一枚の紙に満たして載せられる。1994年ジュネーブ協定の中で、米国は確かに表したが、条約調印の日より三ヶ月間で貿易・経済障壁を低減するつもり。協定に従い、米国と北朝鮮は互いに相手の首都で外交連絡処を設立することになった。連絡処の発展状況により、両方は大使級承認をする。協定の保証により、2003年まで、向北朝鮮へ軽水炉を与える。」「1993年、米国は、北朝鮮が続きの五年間で、遠距離ミサイル試験を中止するように要求したが、交換条件として、米国は北朝鮮へ原油と食品を与える。また、米国は、北朝鮮が時間を出すように要求したが、頑張って軽水炉建設用資金を調達する。北朝鮮は、果たして承諾を守り、全てミサイル試験計画を五年間中止してしまい、同時に外人が予定時間の通りに軽水炉を着工するように納得した」。
「然し、米国は何をしましたの?何をしなかったんであるよ。全て経済負担を韓国と日本に擦り付け、工事代表者とする責任を回避した。」
『アジアンタイム』の評論は、正しく信服されました
ジョージ・W・ブッシュの対朝政策について、その時ビル・クリントンが緩和の方向へ進むと同じにしなく、彼の「軸心国」政策は、朝鮮半島の緊迫した情勢を激しくするほかありません。米朝が対話する上ジュネーブ協定を履行することは、朝鮮半島の緊迫した情勢を緩め朝鮮半島無核化を解決する唯一的で正しい道です。
世界では、知恵を満たす国家指導者及び政治家は、僅か対話と政治相談を通じることが、国と国との問題を解決する正しい道であると思っています。
朝鮮問題の解決について、国際社会のほかがない、まず東北アジア地区にある国は、共に朝鮮の対内改革・対外開放の政策を支えて促すと、朝鮮は平和・発展の道を歩けるようになります。その時、鄧小平は「改革開放」を唱え、中国は経済繁栄に向き世界市場経済と接するように、中国はアジア平和・発展の基盤、世界平和・発展の重要な力となっています。
私たちは、「楊斌神話」にて朝鮮の大門を開け、朝鮮と「新義州特区」基本法を談判した経歴を通って、金正日将軍が朝鮮の改革・開放を遂げ、朝鮮を国際社会を入れる知恵・能力を持つ、とすっかり見ることができます。朝鮮人民は平和を熱愛してあり、彼らは切に平和・発展の道を歩くように希望しています。ブッシュ政府「非ではない場合是である」の判断方式、朝鮮を袋小路へ押す及び朝鮮半島の緊迫した情勢を激しくするいかなる政策・やり方は、朝鮮・韓国人民に責任を負わなく、東北アジア地区にある各国の平和・発展にも、責任を負わないことです。
我希望此书能给关心朝鲜半岛和平的读者,提供一个事实、一个参考,使他们能更详尽地了解朝鲜是多么希望建立一个开放的特区,多么希望逐渐融入国际社会。
この本は、朝鮮半島平和を関心する読者へ、一つ事実、一つ参考を与えられ、朝鮮が極に一つ開放的特区の建設をして欲しい、次第に国際社会を入ることをして欲しいこと、を更に詳しく了解させるようにと私は希望しております。
皆は朝鮮人民へこの機会を出すべき!多分私がこの本を書いた最終目的です。
以上です。
2003年10月11日 関山より 香港湾仔


住所:香港九竜大角咀海輝道十八号一号銀海第六座十八楼C座 訪問の人々
Copyright (c) 2008 www.ybpeace.com All rights reserved.