ホームページ
ご紹介
序文
前書き
火盗み者オンライン
関山論談
関連文章
関連写真

 

関連文章

楊斌と彼の試験

张琏瑰(国际战略研究所前所长、中共中央党校博士生导师、朝鲜问题专家)
于北京京西大有庄100号2008年4月5日
朝鮮半島問題の研究者として、楊斌の事件が発生した後、私はこの事件に対してちらっと耳にした。しかし、細かいところまでについては有名の作者である関山様のこの著作を読んでから、詳しく了解した。関山様がこの事件の体験者と目撃者として、ある意味の責任感を持ち、歴史を記録する飾りない手法によってこの事件のある場面を述べた。事件の複雑性により、作者が述べる際に、見物人の落ち着き立場を保持し、傾向性の評論をできるだけ避けているが、無駄のないような挿入句の中に、私たちは作家の鋭い特質と荘重中のユーモアを心から理解できるようになる。
全書を読んだ後、生き生きとしている楊斌が見られる。本を閉めると、私は楊斌が一体どんな人かはっきり知らない。短い数年期間を通して、神話のようにそんな大きな企業を作り、彼自身も億万を持つ富豪ランクになる。だから、彼は民営企業家が認められた。しかし、彼が世界農業問題の分析を読んだ時、彼は思想者と実践者でもあることが認めないといけない。彼は世界農業を研究後、世界先進農業をアメリカ、イスラエルとオランダ三つのモデルを分けた。彼はオランダの経典農業モデルがもっとも中国に適合されると考えるので、彼は模範にハイテク農業と現代化管理があわせる欧亚農業を開発、中国の問題を解決できるように、この新農業を中国に展開し、それに朝鮮に広めたい。楊斌が言った「温室が熱帯に建てられない。理由はコストが高い、温度下げる設備の投資が加温設備の6倍になるが、生産コストは1温度下げるごとに、温度上げる1度の3倍になるというような計算を読んでいるところ、彼は頭がいい商人であることと考えた。しかし、彼は朝鮮市民が冬の食べる問題を解決するように、数千万ドルを投入し、朝鮮に陽光棚を建てて、現代農業示範区を設置した。しかし、一文の利益をもらわなかった。したがって、朝鮮がこの行為に対して非常に感動した。沈陽市外のオランダのような豪華な建物、出かける際専用飛行機やら豪華車隊やらを見ると、あれは普通の市民を離れ、他の世界に生活している豪富者であると思われた。しかし偶然に朝鮮で朝鮮同僚が晩御飯をする情況を見たとき、辛くてソファーに座って長く沈思し、無償に朝鮮に米と副食を贈ることと決めた。朝鮮の子供たちのほっそりしている顔を見たときその場で泣いた。そこに現れたのはかわいそう気持ちを持つ隣村の農民しかではなかった。楊斌が現代企業、現代管理を建設しようと何度も言っても、彼が警察の逮捕された後、彼の企業が急に花のように枯れ、動く能力がなくなった。良好な制度と機制ではなく、個人の権力を依存して企業を経営することが現れ、東方農民企業家のモードを越えなかった。総じて言えば、楊斌が軍人になったり、留学したり、中国伝統農民の素質をまだ持っている。彼は農民の、ある意味では、彼が農民のような見かけが、農民の地味、苦しみや辛さを堪え忍ぶ、まじめと悲しむ心を持っているだけではなく、農民の軽率、農民な知恵と策略までも持っている。ある意味では、これは彼の事業を促す一方に、失敗もきたした。
楊斌が知られることは新義州とっく行政長官に任命されることと関連があると疑いない。実際に、話し合いから正式に任命状を受けるまでの期間が数ヶ月しかない。その事件が世界のマスコミに対して意味深いニュースになる。実際楊としては、談判と複雑な仕事を司会したが、その中の意義が彼として一法一退会したの。最初、楊が朝鮮に深い感情を持つので、朝鮮も、新義州の彼に経営管理を提供し、50年変わらない。次私は楊斌が彼の 最初に新義州特区を新しい経済特区を建設し、朝鮮が目下の経済困難のために物資援助をために。しかし、罗津経済特区失敗の教訓を研究した後、彼らはここを立法、司法と行政三権集中する特別行政区を建設したい。新義州が世界上に一番きれいで、良い特区を建設し、世界上の一番優秀な建築設計師を招請上最現代化のビールを建てて、世界の各国の企業家、世界 その後、朝鮮最高人民会議常任委員会で新義州特別行政区基本法の設立を採択し、楊を新義州特首を任命した後、彼は記者のインタビューを受ける際に、新しい高度から新義州特区を見ることを述べた。彼は金正日将軍が特区を設立するのは経済上の利益の考えではなく、政治だった。それは東北地区が世界上において冷戦維持する地区である理由で、各国の資金だけではなく、各国の人材をし、ここに違う国籍、信用、文化背景の人が協力する新しい天地を形成したい。
だから、楊が設計する新義州役員たちは朝鮮人、中国人、韓国人、日本人、陣、アメリカ人もある。彼は新義州特区の設立は東北冷戦の終わりと象徴し、朝鮮が世界へ進め国際と。これは平和と発展の。私本人は平和の使者になりたいと言った。
この視点から見ると、新義州特区は深遠な意義を持つ試験だと思われる。
非常に残念なのは複雑の原因により、この試験がぴたっとやんだ。誰としては、これが大きな残念なことになった。
2006年10月朝鮮が核試験を実施し以来、私は朝鮮問題の研究者として、朝鮮が核へ道を進めることに対して、自分の見方を持っている。しかし、60年代に朝鮮へ留学、金日成総合大学から卒業してから、私はずっと朝鮮関係の仕事を従事している。私は朝鮮民族の苦難な近代史に深刻な了解と同情を持ち、朝鮮人民が現在遭う困難に対して心から理解している。したがって、朝鮮人民の生活レベルアップと朝鮮の繁栄強大に有利である試験に対して、順調に進めて成功することを心から期待している。


住所:香港九竜大角咀海輝道十八号一号銀海第六座十八楼C座 訪問の人々
Copyright (c) 2008 www.ybpeace.com All rights reserved.