ホームページ
ご紹介
序文
前書き
火盗み者オンライン
関山論談
関連文章
関連写真

 

ご紹介

これは伝奇的な特徴に富みため息をつかせる火盗み者の物語であり、金正日養子・新義州特首楊斌の長い伝記である。
オランダ籍華人楊斌は、欧州、中国で量の多い富みを創ってから、招かれ「苦難行軍」を進めている朝鮮を踏み込み、彼は朝鮮人民へ哀れ感情と熱愛を満たし、彼らの農業現代化へ多量の心血を払った上、非常に多い富みを寄付した。彼の無私貢献により、朝鲜人民に尊敬され、金正日将軍に重视された。朝鮮の特殊な歴史時期に、彼は一つ特殊な身分・機会を持ち、朝鮮が国門を開ける第一人の「新義州特别行政区」長官、即ち特首となった。
但し、歴史は一つ冗談、もう一つ冗談を言った......
楊斌は孤児から大金持ちまでの神話、貧しい留学生から特首までの神話を創ってしまい、これは縹渺として掴む所がない神話ではなく、中国開放改革に齎された。但し、乱れて複雑な現実は、この奇麗で人に感動させた神話を壊した。
読者の関心することに関して、楊斌はどのように「新義州特区」基本法、対朝談判を指導・参加完成したのか、金正日は採択してから、神秘で五十年間も封鎖された朝鮮の対外大門を開けた!別には、現在、読者が更に関心するは「楊斌事件」の真実内情、楊斌及び新義州特区の未来方向ということだ。
作者は楊斌より自ら招いた伝記作家、顧問の名義で数回楊斌に連れられ平壤へ訪問し、新義州特区基本法に関する談判全過程を目撃・参加・記録した。楊斌事件発生後、自ら裁判所へ傍聴したり、弁護士と相談したりした。六年間以来、作者はずっと楊斌事件の発展を追跡し、多量の実際情報を得てしまい、読者へ示したのは更に真実な楊斌である。
楊斌により、「新義州特区の設立は、東北アジア冷戦の完了を象徴しています。朝鮮が世界へ向き国際と接すつことは、平和・発展の大趨勢です。私本人は平和の使者をやりたいと思います。」
作者により、「楊斌の物語はまだ終わらなく、楊斌の伝記も終わらなく、一切について定説がありません。

中国共産党が従う実事求是(実況に即して処理する)は、ぜひ歴史のオリジナル姿を示すことと相変わらず思っています。」

前文の詩

とうとうと流れている川の中、
私は一つ波のしぶき。
綿綿たる山並みの中、
私は一つ珍しい峰。
私の自由を、
黒い曇りの隙間に隠した。
私の梦を、
鴨緑江の側に彫った。
私の鮮血で、
中朝友誼の花を注ぎたいと思う。
自分を焼き、
東北アジアの平和を得ていきたいと思う。

楊斌  2006年春節


住所:香港九竜大角咀海輝道十八号一号銀海第六座十八楼C座 訪問の人々
Copyright (c) 2008 www.ybpeace.com All rights reserved.